起業家てるのブログ

一人前の起業家を目指して奮闘する若者のブログです。

日々の思考

自分のことを嫌っている人と接するとき

投稿日:2017年2月22日 更新日:

僕がフリーターになって一年目のこと。

僕は東京に引っ越したその日、
事前に応募していたアルバイトの面接に行きました。

ずっとやってみたかったカフェのアルバイト。
そのカフェは新しくオープンした店だったので
オープニングスタッフでした。

数日後無事に採用の電話が来て、
さっそく研修のために職場に向かいました。

カフェのアルバイトは学生がほとんどで、
年下のメンバーばかり。

すでに同期のメンバーの中には
研修がある程度終わっているメンバーも数人いて、
僕はその人たちに教わりながら研修をしていく事になりました。

フリーターになって一年目。
「心機一転、これから頑張ろう!」
とやる気満々でした。

 

研修の二日目でした。

20歳の大学生の同期のメンバーと出会いました。
身長180㎝、色黒で強面の見るからに強そうな青年でした。

会って早々、睨みつけられました。

「なんだこいつ・・・。」
って思ったんですけど、その日は特に関わることなく
研修が終わりました。

 

次の研修の日、
僕はその身長180㎝、色黒で強面の大学生に
エスプレッソの抽出のやり方を教わることになりました。

右も左も分からない状態の僕は、
強面大学生に教わりながら
強面大学生のマネをしてやってみました。

でもいきなりうまくできるはずもなく
めちゃくちゃに怒られました。

怖かったです。

それ以降、何かあるたびに
怖い顔でひたすら強く当たられました・・・。

 

「このままじゃマズイ。
せっかくこれから先楽しくやっていきたい
って思ってたのに・・・」

僕はどうすればいいかを考えました。

彼は明らかに僕のことを嫌っていました。
他の同期とは仲良くやっていたので。

 

僕の選択肢は、
彼とはあまり関わらないようにするか
自分から歩み寄って仲良くなるかの二択でした。

ギスギスした職場は嫌だったので
頑張って歩み寄ってみることにしました。

 

それからは彼の機嫌を損なわないように
低姿勢で接するようにしました。

嫌な顔をされながらも
出来るだけ自分から話しかけるようにしました。

でも、実際に店舗の営業が始まってからも
彼の僕に対する態度は変わりませんでした。

 

ある日、ちょっとしたミスで
お客さんからクレームがありました。

僕はそのミスとは関係がなかったのですが
強面の大学生は僕のミスだと決めつけて怒ってきました。

さすがにその時は頭にきて、
僕も言い返しました。

すぐに謝りましたが(笑)

 

そのあとはますます関係が悪化し
口も利いてくれない日々が続きました。

 

僕はフリーターで彼は大学生だったので、
出勤率は僕の方が圧倒的に高く、
次第に任される仕事も増えていきました。

 

数か月後、新商品が発売されるということで
僕が彼にレシピを教えることになりました。

相変わらず僕は低姿勢で教えていたんですが
教え終わると彼が僕に、

「ありがとう」

と言いました。

しかも笑顔で。

何故だかわからないのですが、
それ以降は今までの関係が嘘だったみたいに
仲良くなれました。

一緒に飲みに行ったり、
僕がカフェをやめる時は送別会までしてくれました。

 

僕は自分のことを明らかに嫌っている彼と仲良くなる為に
ひたすら低姿勢で接し続けました。

でもこれって相当大変です。

時間もかかりますし、
精神的にもつらいことが多いです。

僕はその時はどうしてもギスギスした職場が嫌だったので
我慢して接し続けました。

その結果なんとかうまくいったのですが、
これだけの労力を注いで自分のことを嫌っている人と
上手く付き合っていこうと考えるのは、
正直時間と労力の無駄です。

 

人のことを変えるのはとても大変です。

なんとなく自分の好き嫌いで生きているような人。
そんな人と上手くやっていこうとする必要はありません。

そういう人のことを変えようと努力するのは
僕らの役割ではありません。

その人自身の役割です。
その人が自分で気づく日が来るのを待つのが得策です。
気づけない人はそのうち大失敗します。

 

あなたがもし、
心当たりもないのに自分のことを明らかに嫌っている人と
仕事をしなければいけない状況になったら・・・。

その時はどうにかして関係をよくすることを考えるのではなく、
その人のことは放っておいて、
普通に常識的に接するようにすることをお勧めします。

むかつくこともあるでしょうが、
その人が破滅していく中、
自分は自分の成功を掴みましょう。

-日々の思考

執筆者:


  1. ぐんちゃん より:

    てるさん初めまして
    ぐんちゃんと申します

    相手が自分を嫌っている
    その場の空気とか態度で気付いてしまいますよね
    その逆で、こちらの接し方や態度で相手に気付かれてしまう事も
    私自身、一時期対人が嫌になって離職した経験があります。
    引きこもり仕事もしない時期がありました
    今は、ちゃんと人と向き合えるコツを掴み上手くやっています
    人と人は難しいですね、でもちょっとしたきっかけで
    距離がグッと近づく事もある

    昔の自分を思い返す事が出来ました
    良い記事をありがとうございます
    応援ぽち

    • teru より:

      ぐんちゃんさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      そうなんですね・・・
      ほんとに難しいです。
      僕はみんなから好かれるようなタイプじゃないので
      こういった経験は過去に何度かあるんです(笑)
      僕も上手くやっていきたいのですがなかなか・・・。

      お褒めの言葉ありがとうございます。
      とても嬉しいです!
      これからも良い記事目指して頑張ります!

  2. ai より:

    こんにちは。

    似た経験があるので、お気持ちよくわかります(^^)

    おっしゃる通りで、
    ふつうに。ふつうにしてれば良いですね。

    ネガティブな感情で、他人に思考をもっていかれるのは、
    本当に時間がもったいないですね。

    また遊びにきます☆

    • teru より:

      aiさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます!

      似た経験をお持ちということで・・・

      結果的にいい方向に向かえば良いですけど、
      気ままに生きてる人のために
      わざわざ機嫌を取ったり関係をよくしようとすることって
      そんなに意味のあることなのかなって・・・。

      ありがとうございます。
      また来てもらえるように頑張ります!

  3. NAO より:

    てるさん、こんにちは。
    NAOと言います。
    相手が自分を嫌ってるって分かる人は空気の読める人なので、
    トラブルにはなりにくいですが、その分、自分の精神削ってますからねえ。
    しかも、てるさんは向き合ってるから偉いですね。
    しかし、ストレスにはしたくないですよね。
    ホントに。

    • teru より:

      NAOさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます!

      本当精神削ってます・・・

      今までは向き合ってきてたんですけど、
      わざわざ自分が下手に回って接してまで
      その人と仲良くなろうとすることに
      価値はないんじゃないかって今は感じてます。
      人間関係は難しいです・・・。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時間にルーズな人ってめっちゃ失礼じゃないですか?

大学時代にこんな人がいました。 その人は40代前半で小太りのメガネをかけたおじさん。 バイトなんですけど、ほぼ毎日遅刻していました。 職場が緩すぎたっていうのもあるんでしょうけど、 その人は当たり前の …

現実に意味はない!?

5月31日に行われたACL決勝トーナメント1回戦、浦和対済州の試合で乱闘騒ぎが起きました。 済州の監督は、 「浦和の選手が我々のベンチの前に来て、刺激をするようなセレモニーをしたので、それに対して我々 …

電車で自分勝手な人に遭遇した時の対処法

昨日電車に乗っていて改めて感じたことなのですが、自分勝手な人多すぎませんか? まだ降りる人が降りきっていないのに、扉が開いた瞬間に大急ぎでイスに座ろうとする人。 順番に降りているのにガンガン押してくる …

読んだ本の内容を忘れない読書法

本を読んでその時はためになったと思ったんだけど、 しばらく経って内容を思い出そうとしてみるとほとんど思い出せない… 本屋で新しく本を買って家に帰って読んでみると、 前に読んだことがある本だった… あな …

no image

年をとって違いが出てくる

てるです。 突然ですがあなたの同級生は今何をしてますか? フリーターの人もいれば、サラリーマンや公務員、もしかしたら起業している人もいるかもしれませんね。 僕の友達にもいます。起業してバリバリ活躍して …