起業家てるのブログ

一人前の起業家を目指して奮闘する若者のブログです。

日々の思考

電車で自分勝手な人に遭遇した時の対処法

投稿日:

昨日電車に乗っていて改めて感じたことなのですが、自分勝手な人多すぎませんか?

まだ降りる人が降りきっていないのに、扉が開いた瞬間に大急ぎでイスに座ろうとする人。
順番に降りているのにガンガン押してくる人。
明らかに並んでいるのに横入りして真っ先に座ろうとする人。
遠慮なしに咳やクシャミを連発し、辺りに撒き散らしている人。
立っている人がたくさんいるのに2人分の席を占領してる人。
狭い車内で背中にリュックを背負って自分からぶつかってるのにぶつかられてる人に文句を言う人。

コンビニにもいますね。
並ぶレーンがあるのに無視してレジに行く人。
知っててわざとやってる人もいます。
後ろにお客さんが並んでいるのに、ジュースを買い忘れたからと会計の途中でジュース売り場にジュースを取りに行く人。

 

正常な人から見たら明らかに異常なことをする人が街にはたくさんいます。

この前は酔っ払いのおっさんにツバをかけられました…

 

そういう人を見かけたとき、あなたならどうしますか?

注意しますか?
それとも何も言わないで我慢しますか?

僕は我慢します。
我慢するというか、こう考えるようにしています。

「無慈悲な人が最終的に人より得をすることはない」

 

そもそもどうして僕たちはこういう非常識な行動をとらないのだと思いますか?

少し前、興味深い本を読みました。
マーサ・スタウトの『良心をもたない人たち』という本です。

その本によると、人が非常識な行動を取る背景には良心が関わっているそうです。
良心とは、心理学的には、別の生き物や人間の集団、人類全体への感情的な愛着から生まれる義務感のことを言うそうです。

この良心を持たない人がいわゆるサイコパスです。
こういう人たちには罪悪感というものがありません。

多くの人たちは人は誰でも良心を持っていると思っています。
人に迷惑をかけることをしたら罪悪感を感じて当然だと思っています。

でも、信じられないかもしれませんが、そういう感情を抱かない人も世の中にはいるのです。
遺伝の影響だったり、育った環境の影響だったりでそういう人が生まれるようですが、実際に存在するのです。
精神医学の専門家は彼らの状態を反社会性人格障害と呼んでいるそうです。

サイコパスというと、凶悪事件が連想されるかもしれませんが、彼らは必ずしも凶悪事件を引き起こすわけではありません。
むしろ普通に生活している人がほとんどです。

アメリカでは25人に1人はサイコパスだという研究もあります。
つまり、どんな集団にもこういう人たちは一定数いるということなのです。

こういった人たちは普通に生活しながら「人は誰でも良心を持っている」という多くの人たちの思い込みを利用して、自分勝手に好き放題しています。

そういう人たちが好き放題している姿を見かけたりすると悔しかったりムカついたりしますよね。
我慢してる僕たちが損をして、好き勝手やってる人が得するなんて、どう考えてもおかしいです。

でもそういう人に注意をしたり正論を言っても、残念ながら通じません。
何故ならば彼らには良心がなく、良心を持つ人の感情は理解できないからです。
本当にわからないのです。

そして、正常な人がその人のためを思って注意をして、行いを直そうとしても、直ることはないそうです。

つまり、まともじゃない人間にまともな対応をしてもまともな反応は得られないのです。
良かれと思って注意をしても、まともじゃない仕打ちをくらうだけなのです。

 

では、そういう人たちに遭遇したらどうすれば良いのでしょうか?

自分の身を守るためにも、余計なことは考えずに、関わらないようにする。
これがベストなのかもしれませんね。

悪に屈するようで悔しいかもしれませんが、そういう人たちは最終的には破滅する運命にあります。

だって考えてみてください。
そういう振る舞いをしている人が人生のあらゆる事において成功を収められると思いますか?

彼らは自分のことしか興味がありません。
そして、人間が生きていくうえで不可欠な能力の一つである、人の心の動きを理解する能力が欠けているのです。
彼らには感情的知能が全くないのです。

彼らは嘘の達人なので、今はうまくやり過ごせているかもしれません。
しかし何度もそういったことを繰り返すうちに、次第に誰からも相手にされなくなります。

 

世の中の25人に1人がサイコパスなら、普通に暮らしているだけでそういう人に遭遇してしまいます。
理不尽なことをされてイラッとすることもたくさんあるでしょう。

でもいちいちイラついていても状況は変わりません。

一つだけ言えることは、僕たちはそういう障害を持っていないということです。
僕たちはありがたいことに、感情という、人間が生きていくうえでかけがえのないものを持っています。

感情を持たず、人を愛することもできず、人に迷惑をかけながら、ちょっとしたことで得をする人生を歩みたいですか?

無慈悲な人たちのせいで自分の思い通りにならないことも多いかもしれませんが、僕たちは最終的にそういう人たちよりはるかに豊かな人生を送ることができるということを覚えておきたいですね。

-日々の思考

執筆者:


  1. たか より:

    こんばんは。
    確かに電車でそういう人を見かける事が多いですね。
    ムカつきもしますが、「この人は残念な人なんだな。かわいそうだな」と思うようになりました。

    • teru より:

      たかさん、コメントありがとうございます。

      本当に多いですよね。ほぼ毎日見かけてます…。
      そうするのが一番なんでしょうね…。
      注意したら逆ギレされますから(笑)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

年をとって違いが出てくる

てるです。 突然ですがあなたの同級生は今何をしてますか? フリーターの人もいれば、サラリーマンや公務員、もしかしたら起業している人もいるかもしれませんね。 僕の友達にもいます。起業してバリバリ活躍して …

自分のことを嫌っている人と接するとき

僕がフリーターになって一年目のこと。 僕は東京に引っ越したその日、 事前に応募していたアルバイトの面接に行きました。 ずっとやってみたかったカフェのアルバイト。 そのカフェは新しくオープンした店だった …

現実に意味はない!?

5月31日に行われたACL決勝トーナメント1回戦、浦和対済州の試合で乱闘騒ぎが起きました。 済州の監督は、 「浦和の選手が我々のベンチの前に来て、刺激をするようなセレモニーをしたので、それに対して我々 …

読んだ本の内容を忘れない読書法

本を読んでその時はためになったと思ったんだけど、 しばらく経って内容を思い出そうとしてみるとほとんど思い出せない… 本屋で新しく本を買って家に帰って読んでみると、 前に読んだことがある本だった… あな …

時間にルーズな人ってめっちゃ失礼じゃないですか?

大学時代にこんな人がいました。 その人は40代前半で小太りのメガネをかけたおじさん。 バイトなんですけど、ほぼ毎日遅刻していました。 職場が緩すぎたっていうのもあるんでしょうけど、 その人は当たり前の …