起業家てるのブログ

一人前の起業家を目指して奮闘する若者のブログです。

日々の思考

現実に意味はない!?

投稿日:

5月31日に行われたACL決勝トーナメント1回戦、浦和対済州の試合で乱闘騒ぎが起きました。

済州の監督は、
「浦和の選手が我々のベンチの前に来て、刺激をするようなセレモニーをしたので、それに対して我々もセレモニーをしたのだと思います」
とコメントしたようです。

真相はわかりませんが、最近考えていることとつながったので書いてみたいと思います。

 

人は意味付けをする生き物です。
現実そのものには意味はありません。

人身事故で電車が止まったとしても、それには意味はありません。
急に雨が降って洗濯物がビショビショになることにも、それ自体に意味はありません。

意味を生み出しているのは人間です。
そして、その意味によって自分を苦しめたり救ったりしているのです。

 

乱闘騒ぎについては真実は当人たちにしかわかりません。
というより、当人たちが生み出しているのです。

実際に浦和の選手がわざと済州のベンチの前に行って刺激をするようなセレモニーをしたのかもしれません。
でもそうでないかもしれません。

済州の選手や監督は、浦和の選手が挑発的なセレモニーをしたという意味付けをしました。
それが彼らを行動させたのです。

 

この前テレビのドキュメンタリーで、自分の顔にコンプレックスを抱いている女性たちが、整形をして、整形美人のコンテスト出場を目指すというものが放送されていました。

彼女たちは生きていく中で、他人に言われたことや他人にされたことから、自分はブスだという意味付けをしました。

しかし、その中には僕のタイプの子もいました。

顔がブスというのは現実ではありません。
自分や周りの人が付けた意味です。

彼女はブスだという意味付けをしましたが、僕は可愛いという意味付けをしました。

 

つまり、こういうことです。

意味付けの仕方次第で人生は全く違ったものになる可能性があるということです。

マイナスの意味付けで自分を苦しめているのは自分です。
でもそこで別の意味付けをすることも可能なはずです。
実際、僕は彼女に対して彼女が付けたのと正反対の意味付けをしました。

 

僕の友人に、何事に対しても否定的な意味付けをしてしまう友人がいます。
彼はそのせいでかなりの損をしていると僕は思います。
僕からしてみれば恵まれている状態にいるのに、彼はそれに気付きません。
意味付けを変えるだけで彼は今よりずっと幸せになれると思うのですが。

 

せっかくならマイナスの意味付けで損をしてしまうより、少しでも自分にとってプラスになる意味付けをした方が得だと思いませんか?

 

これは、すぐにはできるようにならないかもしれませんが、訓練することでだんだん上手くなってきます。
僕自身、まだまだマイナスの意味付けをしてしまうこともありますが、その都度別の意味付けができないかを考えることで、少しずつできるようになってきました。
そして心に余裕を持てるようになってきました。

 

乱闘騒ぎについても、済州の選手や監督の意味付けが違えば、もしかしたら起こらなかったかもしれません。

整形美人のコンテストに出場した彼女たちも、違った意味付けをしていれば、別の人生を歩んでいたかもしれません。

 

雨が降ったら嫌だなという意味付けをすれば、雨が降ったら気持ちはブルーになります。
その意味付けには何の得もありません。

雨が降るということに対して、あなたならどんな意味付けをしますか?

-日々の思考

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読んだ本の内容を忘れない読書法

本を読んでその時はためになったと思ったんだけど、 しばらく経って内容を思い出そうとしてみるとほとんど思い出せない… 本屋で新しく本を買って家に帰って読んでみると、 前に読んだことがある本だった… あな …

自分のことを嫌っている人と接するとき

僕がフリーターになって一年目のこと。 僕は東京に引っ越したその日、 事前に応募していたアルバイトの面接に行きました。 ずっとやってみたかったカフェのアルバイト。 そのカフェは新しくオープンした店だった …

電車で自分勝手な人に遭遇した時の対処法

昨日電車に乗っていて改めて感じたことなのですが、自分勝手な人多すぎませんか? まだ降りる人が降りきっていないのに、扉が開いた瞬間に大急ぎでイスに座ろうとする人。 順番に降りているのにガンガン押してくる …

no image

年をとって違いが出てくる

てるです。 突然ですがあなたの同級生は今何をしてますか? フリーターの人もいれば、サラリーマンや公務員、もしかしたら起業している人もいるかもしれませんね。 僕の友達にもいます。起業してバリバリ活躍して …

時間にルーズな人ってめっちゃ失礼じゃないですか?

大学時代にこんな人がいました。 その人は40代前半で小太りのメガネをかけたおじさん。 バイトなんですけど、ほぼ毎日遅刻していました。 職場が緩すぎたっていうのもあるんでしょうけど、 その人は当たり前の …